「みちのく小京都」角館の見どころ・グルメ・宿泊施設など、多彩な魅力をご案内いたします。

かくのだて観光Navi

伝統工芸品

樺細工 -かばざいく-


  経済産業大臣指定伝統的工芸品

 「樺(かば)」というのは、ヤマザクラの樹皮の事です。樹皮を薄く削り、コテで木地に張り付けて作られる樺細工は、世界でも類を見ない樹皮工芸品といわれています。
 今から200年前に武士の手内職として始められ、その技が脈々と受け継がれてきました。現在も職人の技やデザインが磨かれ続けており、高い評価を得ています。
 茶筒やアクセサリーなど幅広い商品が制作されています。

樺細工の由来について詳しく見る ≫

樺細工

イタヤ細工


  秋田県指定伝統的工芸品

 角館のイタヤ細工は、イタヤカエデの若木の幹を帯状に裂いて、これを編んで制作されます。1790年頃に農村に起こった副業が発展したものといわれていますが、はっきりとした資料や記録は残っていません。

 イタヤの素材本来の素朴な色合いは、長くご使うほど、色に深みが出てきます。
 イタヤ馬、イタヤキツネなどの玩具の他、カゴバッグなどもお土産として人気です。

イタヤ細工

白岩焼 -しらいわやき-


  秋田県指定伝統的工芸品

 白岩焼は、1771年(明和8年)、相馬大堀窯の陶工松本運七によってこの地にもたらされました。この開窯には角館の武士が取立人として大きく関わりがありました。
 1900年(明治33年)、130年に渡った陶業史に一時終止符が打たれましたが、中断から100年近くたった現在、白岩焼は再興し、民芸と角館の工芸品が結びつき、力感あふれる海鼠釉の製品が現代に蘇りました。
 日用品から芸術作品まで、幅広い商品が制作されています。

白岩焼