「みちのく小京都」角館の見どころ・グルメ・宿泊施設など、多彩な魅力をご案内いたします。

角館紀行

毎日更新!角館町観光協会ブログ

 

お内裏様とお雛様の位置


2017年02月17日

17012642.jpg

(角館押絵)



お内裏様とお雛様の
位置ですが、
明治までは
向かって右側に
お内裏様を置き、
向かって左側に
お雛様を置いていました。

ところが、
大正時代に
世界基準似合わせて
天皇陛下と皇后陛下の
立ち位置を決めたために、
お雛様の置き方も、
それまでと逆に
向かって左に
お内裏様を、
向かって右に
お雛様を
置くようになりました。

古来より日本では
南に向かって
日のいずる方向が上となすので、
向かって左側が
お内裏様と成っていたそうですが、
今ではどちらを採用しても
間違いでは無いそうです。

現代雛の
左大臣と右大臣の関係は
旧来のまま
向かって左側の上座に
左大臣が納まっています。

明治期に造られた角館押絵の
男雛女雛は、
旧来通りに置いていますが、
この違いを見て歩くと
角館雛めぐりを
もっと興味深く見る事が
出来ます。


17012659.jpg

(土人形)

17021113.jpg

(角館押絵)

17021115.jpg

(角館押絵)

16763592_1341595955914621_1769730855_o.jpg

(角館押絵勉強会)

16776857_1341595922581291_313111983_o.jpg

(角館押絵勉強会)

16776886_1341595942581289_789617227_o.jpg

(角館押絵勉強会)

16805502_1341595925914624_2108459741_o.jpg

(角館押絵勉強会)

17020239.jpg

(降雪時の武家屋敷通り)