「みちのくの小京都」角館の多彩な魅力をご案内

北の雪国角館にもやっと春が

17031730.jpg

(石黒恵家)


石黒恵家は、
昭和初期に建てた住宅です。
その建物を2009年に
市が譲り受け
半年かけて修復しました。

まだたったの90年ちょっとしか
経っていない建物ですが、
春の陽光を浴びている
姿を見ると、
200年以上も
この陽光を浴びてきたように
感じてきます。

この姿に、
長い冬を過ごし、
雪国にやっと訪れた春の兆候を
垣間見ることが出来、
心の奥の部分が
温かかくなるのを
感じました。

北の雪国角館にも
やっと春が来たようです。




----------------



先日頂いたコメントへの返信


kaziko様

コメントありがとうございました。
 『角館紀行11周年
 おめでとうございます。
 あれから11年、
 びっくりするぐらいの歳月ですね。
 こんなに長い間続けてこられたことに
 感謝の言葉だけです。
 角館紀行は角館の宝だと思います。
 辛い日やペンが走らない日も
 楽しいこと以上にあることと
 おもいますが、
 これからもがんばって
 続けてくださることを
 心からお願いいたします。
 記者様の桜の画像を
 心待ちにしている方たちが
 たくさん居られることでしょう。
 私もその一人です。
 楽しみにしています。』
kaziko様本当に
ありがとうございます。
こんなに長く続けるとは
私も思っても居ませんでした。
辛い日はkaziko様も
良く知っている事と
思います。
ペンが走らない日は
殆どです。(笑)
これは年齢的な事も
有ると思います。
特に桜の時期は
大変になってきました。
でもその様に言われると
頑張らねばと
気持ちを新たにします。
これからも
出来る所まで
頑張りますので、
どうか宜しく
お願い致します。
お気づかい
感謝申し上げます。


17031731.jpg

(石黒恵家)

17031728.jpg

(石黒恵家)

17031729.jpg

(石黒恵家)

17031727.jpg

(表町下丁)

17031726.jpg

(表町下丁)

17031725.jpg

(79番木)

8.4.20.ootuka2.jpg

(大塚の桜)


8.4.20.ootuka3.jpg

(大塚の桜)




月から探す
カテゴリーから探す