「みちのく小京都」角館の見どころ・グルメ・宿泊施設など、多彩な魅力をご案内いたします。

かくのだて観光Navi

内町-武家屋敷群-

かつての武士の生活空間


 元和6年(1620)江戸時代のはじめ、芦名氏により大規模な都市計画が実施され、その後は佐竹北家の城下町として栄えた角館。
 武家屋敷が立ち並ぶ通りは、かつては「内町(うちまち)」と呼ばれ、現在も江戸時代末期時の屋敷割や、母屋・門・蔵の屋敷構え、枡型など武家町の特性をよく残しています。

国の重要伝統的建造物群保存地区


仙北市角館伝統的建造物群保存地区
重要伝統的建造物群保存地区(昭和51年9月4日選定)

 この武家屋敷群の表通りは、国の重要伝統的建造物群保存地区の指定を受けており、文化財として保護されています。
 保存地区は旧武家町のほぼ中央にあり上・中級武士の武家屋敷にあたるところです。
 広い通り沿いに塀が連続し、シダレザクラやモミの大木が深い木立を形成しており、当時の暮らしが今も感じられる趣深い空間です。

 

武家屋敷の位置